Cycle Story

ペイントと専用ウェア


「自転車 ウェア」
に関連するツイート
Twitter

サイクルウェアについて調べていると「恥ずかしい初心者まる出しの自転車ファッション」とか「ロードバイクをなめた服装」とかいうサイトが。 え、何着たっていいじゃん。すごくかっこいいとかふんどし一丁で乗ってるとかじゃない限り私は人の格好なんか気にしないよ?

自転車やパーツ、ウェアメーカーはTLの人たちに試作品渡せば耐久テストしてくれそうなんで積極的に利用すべき(白目

Twitterソラミミ@HbA1c正常値@Angler74

返信 リツイート1 19:47

みゃーどさんが派手な自転車ウェアを着ていたら、多分見つけられない。 黒でも見つけられないですが #新潟ヒルクライムの失敗

ドイツの総合バイクブランド、キューブを始めペテル・サガンも愛用する100%のアイウェア、スオーミーのヘルメット、SIXSのアンダーウェアやCEMAのボトムブラケットパーツなどが並んだ塩野自転車の展示会をレポートします。 キューブや100%、スオーミー、SIXSの製品が勢揃い 塩野自転車展示会 - 展示会レポート www.cyclowired.jp/news/node/27886...

ドイツの総合バイクブランド、キューブを始めペテル・サガンも愛用する100%のアイウェア、スオーミーのヘルメット、SIXSのアンダーウェアやCEMAのボトムブラケットパーツなどが並んだ塩野自転車の展示会をレポートします。 cyclowired.jp/news/node/2788… pic.twitter.com/MtNyJf7cJe

ワジーがぴったりサイクリングウエア着て自転車にまたがるとこまで想像した。Tシャツもしまむーらよりはオシャレ感強いな。

秋に着るものがあんまりないから買いたいけど、すぐ寒くなるよねきっと(˘ω˘) そう考えると自転車用のウェアとか買った方が実用的かもしれぬ

Twitterふじか(´・ヮ・`)さな(*´・ェ・)@FujiSanae0925

返信 リツイート 11:11

この前、航空自●隊の方にこんな自転車ウェアいただいたけど、あまりに派手で目立つから事故には遭いにくいかな(*´-`) メーカーはちゃんとしたところのオーダーウェアです。 (´-`).。oO(背中に君が代でコスプレだなぁ) pic.twitter.com/BbUmpZGFkQ

ウェアラブルカメラがあれば、 自転車通学も行けるか…( ̄^ ̄゜)

RT @apadcycle: あの自転車乗ったら速くなれそう あの選手が着てるウェアが格好良い それも良いと思うけど、 これからは 俺が乗るから速い 俺が使うから格好良い って自分のスタイルを築いていく方が格好良いんじゃないかと思う。 #ロードバイク #シクロクロス ht…


自転車をペイントする方法

ペイントする方法 サイズや機能が適した自転車を見つけても、カラーリングが好みに合わなければ購入に踏み切ることは難しいはずです。
そんなときは、自転車をペイントしてカラーリングを変更してしまうことが出来ます。ペイントは専門の業者に頼むことが一般的ですが、手間は掛かるものの自分で行うことも可能です。
まず、本来の塗装を落とすことから始めます。洗剤を使ってフレームを洗い、ワックスなどを落とすのです。続いて、塗装そのものを落とします。ホームセンターなどで販売されている剥離剤を塗ると塗装が浮き上がってくるので、水で洗い流します。
塗装が全て落ちたらいよいよペイント段階に入ります。まずは下地処理としてフレームをしっかりと磨き、下塗り剤を塗布します。完全に乾燥させたら、好みの色のスプレーを用意してペイントしていきます。塗りたくない部分にはマスキングテープを貼っておきましょう。最後にクリア塗装をすれば完成です。
大切なのは、それぞれの作業に時間を掛けることです。特に乾燥はしっかりと行わないと色が乗りません。

自転車に乗るための専用ウェア

自転車に乗るとき、普段着で乗っている人も多いはずです。しかし、自転車の専用ウェアを着用すれば、より快適に自転車を楽しむことができるようになります。
専用ウェアは主にジャケットとパンツに分かれます。ジャケットは軽く身体に密着するタイトな作りになっていて、走行中に受ける風の影響を最小限に抑えてくれるのです。
また、背中の裾部分が長くなっているため前屈みの乗車姿勢になって腰が露出してしまうこともありません。特徴的なのが背面ポケットです。走行中に邪魔にならず、さらに止まることなくポケットの中身を取り出せる構造になっているのです。補給食を入れておき、信号待ちの間などに食べて空き袋をポケットに戻すという動作を行いやすくなっています。
パンツはレーシングパンツ、略してレーパンと呼ばれます。レーパンもジャケットと同様にタイトな作りで、速く走ることを目的としています。お尻部分にパッドが装着されており、長時間サドルに座っていても痛みが出ないのです。

pickup

Last update:2016/7/14