Cycle Story

ペイントと専用ウェア


「自転車 ウェア」
に関連するツイート
Twitter

そういえば自転車の新しいウェアがヘンリボーン柄なのでちょっとプロシュート思い出したw

返信先:@ibmrky 自転車ウェア類もある意味同じですよね

交通ルールを守らない普通の自転車を「チャリンカス」、交通ルールを守らないヘルメット+サングラス+ウェアのロードバイクを「糞虫ペダル」と呼んでいます。

明日は、自転車ショップ巡りで、極寒のウェアー探そう。

お散歩がてらの自転車練習から帰宅🏠 長男に「お父さんとドライブ行く?」と聞くと「1人で行ってきて!」との事🙅🏻‍♂️ お使いも頼まれたので、1人ヒマラヤ福知山店に向かいました🚕 決算セールとの事で、以前から気になっていたウエアのズボンをお得に購入出来ました😃 10年15年…履けるかな😅 #dc pic.twitter.com/zYdRMkwWlq

先週、今シーズン初スキー行ってきました✌初ナイターも体験できたんだけど、ナイター楽しいね!!ウェア―が目立たないので反射ベスト着させてもらったけど、今度自分用に自転車兼用で使えるの買っとこ。運動不足が深刻だったので来シーズンまでに鍛えなきゃなー pic.twitter.com/mlC79I0XSR

クルルァとか考えたら自転車ウェアとか消耗品程度に抑えないと

ワークマンのダウンではグランピンスタイルじゃないので神楽坂あたりでシャレオツな自転車ウェア買って来なきゃな

まぁ、そのかわり自転車のメンテナンスが出来たから良いかな。 そして今日はコンタクトレンズデビューもしたし (笑) これで好きなアイウェアを選ぶこたが出来る。バイクに乗るときも眼鏡の曇りを気にしなくて良いし、もっと早く変えておけば良かった。と言っても普段は眼鏡で暫くは過ごすけど。

おたふく手袋 ボディータフネス パワーストレッチ ハイネックシャツ cbnanashi.net/cycle/modules/… チャリモさんに勧められて使い始めたのが6年前。当時はAmazonでしか見かけない現場用ウェアだった。それが今や自転車イベントにも出展されるようになって、なんだか感慨深かった。


自転車をペイントする方法

ペイントする方法 サイズや機能が適した自転車を見つけても、カラーリングが好みに合わなければ購入に踏み切ることは難しいはずです。
そんなときは、自転車をペイントしてカラーリングを変更してしまうことが出来ます。ペイントは専門の業者に頼むことが一般的ですが、手間は掛かるものの自分で行うことも可能です。
まず、本来の塗装を落とすことから始めます。洗剤を使ってフレームを洗い、ワックスなどを落とすのです。続いて、塗装そのものを落とします。ホームセンターなどで販売されている剥離剤を塗ると塗装が浮き上がってくるので、水で洗い流します。
塗装が全て落ちたらいよいよペイント段階に入ります。まずは下地処理としてフレームをしっかりと磨き、下塗り剤を塗布します。完全に乾燥させたら、好みの色のスプレーを用意してペイントしていきます。塗りたくない部分にはマスキングテープを貼っておきましょう。最後にクリア塗装をすれば完成です。
大切なのは、それぞれの作業に時間を掛けることです。特に乾燥はしっかりと行わないと色が乗りません。

自転車に乗るための専用ウェア

自転車に乗るとき、普段着で乗っている人も多いはずです。しかし、自転車の専用ウェアを着用すれば、より快適に自転車を楽しむことができるようになります。
専用ウェアは主にジャケットとパンツに分かれます。ジャケットは軽く身体に密着するタイトな作りになっていて、走行中に受ける風の影響を最小限に抑えてくれるのです。
また、背中の裾部分が長くなっているため前屈みの乗車姿勢になって腰が露出してしまうこともありません。特徴的なのが背面ポケットです。走行中に邪魔にならず、さらに止まることなくポケットの中身を取り出せる構造になっているのです。補給食を入れておき、信号待ちの間などに食べて空き袋をポケットに戻すという動作を行いやすくなっています。
パンツはレーシングパンツ、略してレーパンと呼ばれます。レーパンもジャケットと同様にタイトな作りで、速く走ることを目的としています。お尻部分にパッドが装着されており、長時間サドルに座っていても痛みが出ないのです。

pickup

吉原 ソープ

Last update:2018/12/14