Cycle Story

ペイントと専用ウェア


「自転車 ウェア」
に関連するツイート
Twitter

【記念撮影】 おたふく手袋のサイクルウェアで記念撮影してきました(●´ω`●) @cskanzaki さんのスタッフさんからサイクルウェアをご購入しました!とご連絡がありましたので、本社から近いというご縁もありお邪魔させて頂きました! 有難うございました♪ 「自転車最高!!」 pic.twitter.com/jS2A5wrc2d

Twitterおたふく手袋株式会社@OTAFUKU_GLOVE

返信 リツイート4 18分前

ドンキで買い物して戻ったらボトルとアイウェアだけ吹き飛んでたんだけと何でだろう… 自転車倒れてもボトルは吹き飛ばないぞ

#ラン月 1/23=9.40km帰宅ラン🏃 これまでは仕事後ランウェアに着替えて走ってましたが 最近は私服のまま帰宅ランしてます😅 ダウンジャケットはリュックに収納 長袖シャツに長ズボンで走ってます もちろん靴はランシュ キャップを被り リュックに自転車用ライトを灯てます 変なおじさんです(^_^)v

(パールイズミ) PEARL IZUMI 82 イアーウォーマ サイクルウェア[ユニセックス] #PEARLIZUMI #自転車 #サイクルウェア hobbyfun.asia/bicycle/b009lz…

そうそう、先日ムー展で注文したグッズが届いたんです。これ着て走るぞ!(たしか自転車ウェアだけど) pic.twitter.com/ThxEXDC0WI

自転車趣味やっててよかったこと。 ・適切な体の鍛え方を知った(超回復・栄養摂取などの根性ではない理論 ・補給の必要性(自転車は補給のスポーツ ・防寒のノウハウ(特に冬場、風にさらされるのでウェアも含めて蓄積がある 他にもあるけど今感じてるのはこの辺。通年乗ってたので防寒は役立ってる

一時停止違反で突っ込んできた自転車、中学3年生の受験生だったんだけど怯えっぷりが半端なかった 転倒から復帰してアイウェア外して「あのね、一時停止…」て言いかけたら秒で路上土下座して「取り返しのつかないことをしました!!!」て叫んでた けど 土下座じゃどうにもならねえのよ少年

新しいサイクリングウエアブランドSO.RO.の最新企画のkimagureジャケット。クラウドファンディングのマクアケで必ず確認を💕数は限られているので、お早めにどうぞ🚴‍♀️🎈2月15日まで❣️#cycling #madeinjapan #自転車#私服スタイル #ロードバイク #レディース #かわいい #soroclothing pic.twitter.com/BLx3okS6IG

今頃になって秋冬のサイクルウェアを紹介しているWebメディアがあるけど何なの?今更紹介しても遅すぎるでしょう。メーカーが自転車ブームに乗って生産したのはいいけど、思ったより売れてないのかな?秋冬物は丈夫だし値段も高いからそうそう買い換えるもんじゃないしね。

自転車旅アイテムで値段で妥協してはいけないものリスト】 ・自転車そのもの ・寝袋 ・レインウェア ・防水キャリアバック ・メッシュ付きバックパック 寝ること(体温を保つもの)と防水、速乾など水が関わる道具は絶対に値段で妥協しない方が最終的安上りで、嫌な思いはしない。


自転車をペイントする方法

ペイントする方法 サイズや機能が適した自転車を見つけても、カラーリングが好みに合わなければ購入に踏み切ることは難しいはずです。
そんなときは、自転車をペイントしてカラーリングを変更してしまうことが出来ます。ペイントは専門の業者に頼むことが一般的ですが、手間は掛かるものの自分で行うことも可能です。
まず、本来の塗装を落とすことから始めます。洗剤を使ってフレームを洗い、ワックスなどを落とすのです。続いて、塗装そのものを落とします。ホームセンターなどで販売されている剥離剤を塗ると塗装が浮き上がってくるので、水で洗い流します。
塗装が全て落ちたらいよいよペイント段階に入ります。まずは下地処理としてフレームをしっかりと磨き、下塗り剤を塗布します。完全に乾燥させたら、好みの色のスプレーを用意してペイントしていきます。塗りたくない部分にはマスキングテープを貼っておきましょう。最後にクリア塗装をすれば完成です。
大切なのは、それぞれの作業に時間を掛けることです。特に乾燥はしっかりと行わないと色が乗りません。

自転車に乗るための専用ウェア

自転車に乗るとき、普段着で乗っている人も多いはずです。しかし、自転車の専用ウェアを着用すれば、より快適に自転車を楽しむことができるようになります。
専用ウェアは主にジャケットとパンツに分かれます。ジャケットは軽く身体に密着するタイトな作りになっていて、走行中に受ける風の影響を最小限に抑えてくれるのです。
また、背中の裾部分が長くなっているため前屈みの乗車姿勢になって腰が露出してしまうこともありません。特徴的なのが背面ポケットです。走行中に邪魔にならず、さらに止まることなくポケットの中身を取り出せる構造になっているのです。補給食を入れておき、信号待ちの間などに食べて空き袋をポケットに戻すという動作を行いやすくなっています。
パンツはレーシングパンツ、略してレーパンと呼ばれます。レーパンもジャケットと同様にタイトな作りで、速く走ることを目的としています。お尻部分にパッドが装着されており、長時間サドルに座っていても痛みが出ないのです。

pickup

吉原 ソープ

Last update:2018/12/14